カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS


使う素材(材料)について

使う素材(材料)について

【神棚ラボ・モダン神棚専門店】の神棚・インテリア小物・雑貨は無垢材のみを使って
作られています。それぞれの木の特徴をまとめてみました。
 
素材紹介

      
 
  シナ   神棚ラボ・モダン神棚専門店で最も多く使う木です。
     れっきとした広葉樹ですがその色合いなどはヒノキによく似ています
     やや黄みを帯びた淡い茶色、ライトな印象がありパイン系
     の木ともよく調和します。和空間やカントリーテイストのインテリア
     にもグッドです。

     ■ シナノキ科。落葉高木。北海道から九州までの各地で見られる。
       高さ18m。直径60僉。木理は精。比重は0.50。  
         欧米ではリンデンと呼ばれ、街路樹として親しまれている

      神棚ラボでは
    モダン神棚FUTAEホワイト”などに      使われています(ほかにもあります)
    

 
 
クルミ          狂いが少なく粘りがあり、中ぐらいの硬さ、なにより
      温かい手触りが一番の魅力です。木にも温度があり、大雑把
      に言えば柔らかい木ほど温かく、硬い木ほど冷たく感じます。
      クルミは硬すぎず柔らかすぎない、家具などには最適です。
      ヨーロッパでは古くから高級材として家具に使われてきました。
      
      そんな家具材として最適なら神棚としても最適です。
      今までにない神棚として現代インテリアによくマッチすると思います
      
      ■ クルミ科。落葉高木。高さ20mにもなる。
        北海道、四国、九州に自生。樺太にも分布
        年輪はやや不明瞭 気乾比重 0,53
      
      
     神棚ラボでは
    モダン神棚FUTAEクルミ”など      に使われています(ほかにもあります)
    


 
ブラックウォールナット
        日本でウォールナットといえばこの木のこと。アメリカからカナダに分布
      日本のクルミと同じクルミ科ですが、材色がかなり違い深みのある黒褐色
           狂いも少なく家具、キャビネット材として最高級といわれます

      洋から和モダンにもマッチする神棚としてこのウォールナットは
      おすすめします。
       
 
    ■ クルミ科。 比重は0.59、直径1m  軽いわりに強度と粘りがあり、
狂いも少ない。材は堅硬、強度大、衝撃にも強く、加工性は極めて良好
         
 
         神棚ラボでは
      モダン神棚HITOEウォールナット”        に使われています
   
 
 

ページトップへ